2015-09-20(Sun) Anison Survival 2015

>>> アニソンレーベル対抗ライブバトル『FANJ Premium Live 2015』出走表とみどころ 超個人的考察(という名の覚え書き)

 いよいよ日付変わって今日、京都はFANJで行われる『FANJ Premium Live 2015』。
 7月25日に解禁された当初はAiRI、綾野ましろ、Ray、分島花音、以上4人での予定だったが、8月17日にみみめめMIMIを追加する発表があり、都合5人のアニソン・ゲーソン歌手と声優が競演する夢のライブが実現することとなる。
 このライブは、各レーベル1人ずつの出場であることから、Twitter支部ではこれを『アニソンレーベル対抗ライブバトル』と銘打って紹介してきた。
 
 この記事では、いよいよ開催が直前に迫ったこのライブ『FANJ Premium Live 2015』(以下FJPL2015と表記)の『出走表』を掲載するとともに、みどころを超個人的に考察していこうと思う。
 
 ・・・本気の考察は各ファンにお任せします←
 
 前置きが長くなりましたが、要するに自分の覚え書きです(何
 リンク:FANJ Premium Live 公式サイト
 
☆ 出走表 ☆

先に言っておきますが、ミスがあったらごめんなさい。気付いたことがありましたら指摘して頂ければありがたいです。

チャート成績について
すべてBillboard JAPANによる。
2008年開始、Hot Animationのみ2010年12月開始のためそれ以前のデータは存在しない(とは言ってもこれに絡むのはAiRIと分島花音のみ)。
HotAnime=Hot Animationのみ20位まで発表、その他のチャートは100位までの発表。それより下の成績の場合『圏外・記録なし』となる。
またHot Animationのレギュレーション上、声優の場合は無条件でエントリー対象となるが、歌手の場合は『アニメタイアップ』がないとチャートインできない。

シングル・アルバムの作品数は『本人名義のみ』をカウント。
(2014年8月発売の『あの夏で待ってる』OVA主題歌CDなど、特にRayが該当するが)複数歌手収録のスプリットシングルは各成績や作品数にはカウントしていない。

枠番の並びは出演が告知された順(歌手4組→みみめめ)。初回発表4組の並びは五十音順。
なお念のため、出演順の事前公表はされないため、枠番の順列は出演順ではない。あくまで便宜上の番号であることに留意されたし。

と、ここまで前置きをしておいたうえで。
FJPL2015出走表
↑クリックで拡大
最高順位欄、黄背景は各チャートで5組中の最高成績を獲得したもの。

続いて、シングル過去3作及び最新アルバムのBillboard JAPANでの成績。
アルバムチャートの成績は『Top Albums Sales』を採用した。
(エントリー5人の中で、総合アルバムチャート『Hot Albums』開始の2015年6月以降本日までにアルバムを発売した者がいないため)
なお、申し訳ないが作品名はスペースに収まるように適宜略した。・・・ごめんなさい!
FJPL2015過去成績
↑クリックで拡大

最高順位欄、黄背景は現在の自己最高順位。
※綾野ましろ『infinity beyond』はゲームタイアップなのでHot Animation対象外。
※みみめめMIMIのボーカルが声優であることを公式に発表したのは2014年6月であるため、以降のシングルは無条件でHot Animation対象(のはず)。『瞬間リアリティ』は歌手扱いかつ非アニメタイアップ(実写映画のタイアップあり)なのでHot Animation対象外となっている(ちなみに、この週の成績であればHot Animationにはエントリーできていた)。


以降、各アーティストごとの超個人的な考察
何度も言いますが、本気の考察は各歌手のガチなファンに聞いてください!
あと、個人的に『推すならこの1曲!』ってのを動画で貼ります(というか、公式動画がないやつは貼れないので公式動画がある曲からになります・・・)。

☆ AiRI ☆
現所属レーベル:ランティス
Billboard JAPAN Charts 過去最高順位
楽曲総合JAPAN Hot100:※過去登場作品なし
アニタイ総合Hot Animation:11位 2012/8/13付『Dreamer』
シングル売上Top Singles Sales:21位 2012/8/13付『Dreamer』
アルバム売上Top Albums Sales:46位 2013/5/20付『Color』

 ランティス代表として出場するのはAiRI。
 00年代前半から『UR@N』として主にゲームソングで活動、出場5組の中で最長のキャリアを持つ。『AiRI』としての活動は2011年4月より。
 主にゲームソングが活動の中心となるため、JAPAN Hot100エントリーは現時点で無い(最も近かったのは2012年夏アニメ『TARI TARI』OPの『Dreamer』、Hot Animation11位ながらHot100エントリーできず)歌手ではあるが、実力は確かであると言えよう(すみません、あまり詳しくないです)。
 個人的には昨年夏に発売されたアルバムのリードトラックでもある『Mind-set』を生で聴いてみたい。これ、テレビ大阪の音楽番組『JAPAN COUNTDOWN』の新曲紹介で流れたときは(いくらスポンサーにランティスがいるとは言え)本当にびっくりしたぜ・・・



☆ 綾野ましろ ☆
現所属レーベル:アリオラジャパン
Billboard JAPAN Charts 過去最高順位
楽曲総合JAPAN Hot100:12位 2014/11/3付『ideal white』
 Hot100ヒット2作/TOP40ヒット1作/TOP20ヒット1作
アニタイ総合Hot Animation:2位 2014/11/3付『ideal white』 なお首位はいきものがかり『熱情のスペクトラム』(しかも登場6週目)に阻まれた模様
シングル売上Top Singles Sales:12位 2014/11/3付『ideal white』
アルバム売上Top Albums Sales:※アルバム発売無し

 ソニー系代表・・・ではなくアリオラジャパン代表として出場するのは綾野ましろ。
 こちらは出場5組の中でキャリアが最も短い(まだ1年目)。おそらく持ち曲が一番少ない(現状11曲)のも彼女だ。ついでに言うと、私が唯一、単独イベントに参加したことのある(というかFJPL前日のイベント参戦してます)歌手である。
 最新シングルは残念ながらHot100圏外となってしまったが、秋にかけて様々な場所でライブを行うことでアピールを狙う。
 デビュー作『ideal white』や名前からとにかく『白い』イメージを持たれることが多い?が、オーディエンスを白く染めることはできるか?
 個人的には聴きたいのは『リスアニ!』収録曲である『Wingless Diver』と『刹那クロニクル』。
 ・・・であるが、公式動画がないのでとりあえず最新シングル『infinity beyond』を。ジャケットにサイン、もらってきました。



☆ Ray ☆
現所属レーベル:NBCユニバーサル
Billboard JAPAN Charts 過去最高順位
楽曲総合JAPAN Hot100:35位 2012/2/20付『sign』
 Hot100ヒット6作/TOP40ヒット1作
アニタイ総合Hot Animation:4位 2012/2/20付『sign』
シングル売上Top Singles Sales:11位 2012/2/20付『sign』
アルバム売上Top Albums Sales:21位 2013/6/17付『RAYVE』

 NBC代表として出場するのはRay。
 2012年2月のデビュー以来、シングルの発売タイミングが秋冬(これを書きながらデータを見てて気づいたが、5作目まで2月or10月だった)にかなり集中しており、個人的には秋冬のイメージが強い彼女。
 『楽園PROJECT』のようなポップな曲から『Recall』のような激しい曲、『ebb and flow』などの優しく歌い上げる曲まで、幅広い楽曲をこなす。
 シングルは昨年2月の『ebb and flow』以来1年半、アルバムを含めても昨年6月の『Milky Ray』以来1年以上間が空いた後の今期2015年3Qは、なんと深夜帯アニメタイアップを2作もつこととなり、アニソン歌手では非常に珍しい2か月連続シングルリリースを敢行した。
 個人的に聴きたいのは『Recall』。理由は単純、一番好きだから・・・実はJAPAN Hot100記録なしの単独シングル作品はこの曲のみ。悲しい。なお余談だが、この『Recall』含め、やなぎなぎとのコンビでのタイアップが非常に多いことでも知られる(過去3作品で5回、うち1回はスプリットシングル)。



☆ 分島花音 ☆
現所属レーベル:ワーナーブラザーズ
Billboard JAPAN Charts 過去最高順位
楽曲総合JAPAN Hot100:24位 2014/10/27付『world's end, girl's rondo』
 Hot100ヒット3作/TOP40ヒット2作
アニタイ総合Hot Animation:4位 2014/10/27付『world's end, girl's rondo』
シングル売上Top Singles Sales:17位 2014/10/27付『world's end, girl's rondo』
アルバム売上Top Albums Sales:27位 2015/3/9付『ツキナミ』

 ワーナー代表として出場するのは、チェリストとしても知られる分島花音。
 2008年から2010年の間に、DefSTARでシングル2枚とアルバム2枚、2012年秋にワーナーに移籍して初のシングルを発表。2014年2Qの『killy killy JOKER』で初のHot100ヒットを記録(この週は運悪く『アイマス5同発』と被り、Hot100 38位という好成績にもかかわらずHot Animation19位に終わる)。
 このスマッシュヒットから人気が急上昇。今年2月に発売されたアルバム『ツキナミ』も、自己最高位(当時99位)を大幅に更新して月並みではない(言いたかっただけなんじゃねえのってツッコミ却下)成績を残し、今年春のライブツアーも大盛況となったのはまだ記憶に新しい。私は残念ながらこのツアーに行くことはできなかったが、同期や先輩で行った方がすごくよかった、盛り上がったと報告してくれた。
 最新シングルの『RIGHT LIGHT RISE』は『フラッグ曲』であることに注意しておこう。
 余談だが、アーケード音楽ゲーム『crossbeats REV.』に、FJPL2015出場5組の中で唯一(2015年9月20日現在)収録されているのが彼女の『killy killy JOKER』。このゲーム最大ともいえる特徴は『本人の歌で』『本人出演のMVがプレイ中に流れる』ということ。MVを見ながらプレイするのはかなり高まる。
 さて、個人的に聴きたいのはWIXOSS関係の曲・・・を挙げてもつまらないので、『signal』を推しておこう。1年半ぶりのシングルだったこの作品、プレビューだけでも惹きこまれるには十分かと。



☆ みみめめMIMI(タカオユキ) ☆
現所属レーベル:AstroVoice
Billboard JAPAN Charts 過去最高順位
楽曲総合JAPAN Hot100:46位 2014/1/20付『瞬間リアリティ』
 Hot100ヒット2作
アニタイ総合Hot Animation:※過去登場作品なし
シングル売上Top Singles Sales:29位 2015/6/22付『CANDY MAGIC』
アルバム売上Top Albums Sales:36位 2014/8/25付『迷宮センチメンタル』

 AstroVoice代表、というよりも声優代表と言った方がいいだろうか?追加発表、言わば『ワイルドカード』として出場するのは、ボーカルのユカ(CV:タカオユキ/CVは2014年6月公表)、イラストレーターのちゃもーいからなるユニット、みみめめMIMIである。
 ・・・私が声優曲をほとんど聴かないので少しの解説すらもできない、こればっかりは本当にファンに解説を投げておきたい。すまない・・・。知り合いにファンが少なくない、というのは事実です。
 なお、ボーカルの正体を公表してからの作品はアルバム『迷宮センチメンタル』とシングル『CANDY MAGIC』のみ。
 余談だが、アーケード音楽ゲーム『BeatStream』に、FJPL2015出場5組の中で唯一(2015年9月20日現在)収録されているのが彼女の『センチメンタルラブ』。なおこの曲のプレイ中は先のREVのようにMVではなく、アニメの映像が流れる。
 さて、個人的に聴きたいのは『サヨナラ嘘ツキ』。声優と知る前はわりと聴いていたので。



 以上5アーティストが、9月20日、京都で熱いライブを繰り広げる。
 綾野ましろ以外は初めて見る方々。色々と、楽しみです。
 明日以降、レポートを上げます。

コメント(承認後、公開されます)

非公開コメント

Page Navigation

[LATER ENTRY/この記事の次に更新した記事]
FANJ Premium Live 2015 個人的感想という名のメモ書き『アニソン最高!!』
[OLDER ENTRY/この記事の前に更新した記事]
2015年8月度個人的歌手序列結果

ホーム
プロフィール

Lunar∞Meteor☆Flugel

Author:Lunar∞Meteor☆Flugel
アニソン、アニメ、音楽、その他他愛もない日常の呟き。
文章力強化のためのブログ。
雑多サイト『∞Sky†eaR∞』、オリジナルアニソンチャートFRONTIER COUNTDOWNを作る『Anison Frontier』の管理人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
タグ一覧
タグ対応記事は2017年以降。よく忘れます(何

ライブレポート (29) やなぎなぎ (12) 綾野ましろ (11) 月間報告 (10) GARNiDELiA (7) 2017総括 (5) +α/あるふぁきゅん。 (5) CHiCO (5) Aimer (4) EGOIST (4) ASCA (3) 西沢幸奏 (3) halca (2) アニメイベント (2) 三月のパンタシア (2) SplitBoB (1) Kalafina (1) Q'ulle (1) 藍井エイル (1) fhána (1)