2019-01-06(Sun) 年間総括 2018

>>> 2018演者別参戦数 最終結果

お待たせしました.審議等色々ありましたがようやく最終確定です.

2018演者別参戦数 最終確定(12/31時点)
26 halca
12 綾野ましろ
11 +α/あるふぁきゅん。
9 HoneyWorks
9 やなぎなぎ
7 ASCA
7 ANIME GIRL
5 ReoNa
3 EGOIST
3 藍井エイル
3 駒形友梨
3 スピラ・スピカ
2 MICHI
2 ナナヲアカリ
2 亜咲花
2 鈴木このみ
2 暁月凛
2 東城陽奏
MICHIの延期分が2019年にずれ込んだが,参戦放棄の為予定通り大晦日をもってシーズン打ち切り確定.


1位(前年規定未達) halca
26ポイント・ライブ23回・指名40ポイント
2018年の演者別参戦数レースを制したのはhalca.後続にダブルスコアをつける圧勝.
2017年8月のHoneyWorksツアーのオープニングアクトで出会いそれっきりだったが,2018年5月に満を持してソロデビュー.メジャーデビュー後初のライブとなった6月1日の名古屋でのリリイベ.「近場だしチコハニライブでも良かったし行くか」という軽い気持ちで行ったこのイベントが,自分の生活すべてを変えることになるとは思わなかった・・・.
何といってもひたむきさが彼女の魅力です.そして時折見せる満面の笑顔.
7月28日のグランキューブ大阪で見つめ合ったのは一生の思い出になると同時に推しへの決定打になりました.
2019年は3月にANIMAX予選会もありますが・・・その先にまさかのワンマンライブ.正直,展開の早すぎる感が否めません()
2019年終わった時に推しているのか否か,2019年は勝負だと思います.


2位(前年5位) 綾野ましろ
12ポイント・ライブ11回・指名19ポイント
2位は前年5位の綾野ましろ,4年連続のベスト5入り2016年以来2年ぶり2度目の2桁参戦を達成.
halcaの怒涛の追い上げにこそ屈し初優勝は逃しましたが,夏場はポイントリーダーに立つなど存在感を今年も見せつけました.
18年のリリースはシングル2枚,こちらもhalca同様精力的なリリイベ開催が好感度高いです.
また2018年は久々に生誕ワンマン参加.2016年4月以来久々の東京案件参戦と相成り,最後列からではあったもののその力強さを目に焼き付けることができました.
彼女の魅力はなんといっても「無駄な喋りがない」こと.
生誕ワンマンと名古屋ワンマンを年間ベストイベ2位3位に送り込むあたりはまだまだ信頼あるなあと.
デビュー5周年を迎える2019年はどんな活躍を見せてくれるでしょうか.楽しみです.


3位(前年8位) +α/あるふぁきゅん。
11ポイント・ライブ11回・指名16ポイント
前年8位からあるふぁきゅんがなんと表彰台,堂々の2桁参戦達成.
今年はQ'ulleの対バンツアーに参加,卒業旅行のついでということはありましたが新潟まで足を運んで決して後悔はしなかったうえに最高の景色を見ることができました.
活動5周年記念のニコ動ヒッツカバーアルバム『rootage/α』発売もあり無限リリイベツアー,halcaより全国飛び回ってた印象があるwそして7月はhalcaといい感じに回せて一時はポイントリーダーに立つなど参戦数を積み上げた感があります.
自分が行ったところだけでも新潟,千葉,東京,神奈川,大阪,愛知と幅広い(物理)活躍を見せました.
演者にも「ライブ色々行きまくってる人だけどわりとけっこう(自分のところにも)来てる」と言われてたりw
来年もマイペースに行けるところ飛んで行こうかなと思います.書いてる間に福井案件が来たけど・・・()


4位(前年7位) HoneyWorks
9ポイント・ライブ8回・指名9ポイント
4位は夏場のリリイベで無駄に参戦数を稼ぎTOP5入りをしてしまったHoneyWorks.
3月の武道館ワンマンは完成度が非常に高かったです.
しかし,この武道館ワンマンを境にバンドメンバーが調子に乗り出したのが非常に残念.
結果的に7月28日のグランキューブ大阪での「電車が止まったんなら泊まればいい」というメンバーの頭のない発言が決定打となり,現場他界を招くこととなりました.他界前最後に発売された『ヒカリ証明論』が久々に高まる曲だったんですが・・・まあ,自業自得.推しに引きあわせてくれたことには感謝かな!w
現場他界しているので,これ以上のコメントは差し控えます.


5位(前年3位) やなぎなぎ
9ポイント・ライブ5回・指名9ポイント
5位はやなぎなぎ.こちらも4年連続のベスト5入り.
2018年は2年ぶりのアルバムを発売からのこちらも2年ぶりとなるライブツアーを開催,
ちょうど自分が学生から社会人へということもあって,特別な思いを持って臨んだツアー.
開幕戦の仙台で見た景色は忘れられないものになりました.まさか『メルト』聴けるなんて・・・
恒例となった秋のホールワンマンは再び東京開催に戻ったもののなんと5days公演,
編成的に一番高まりそうなギター含むDAY2公演行ったんですがほんと尊かった・・・
思えば追い続けて6年目に入った彼女.まだまだ旅は続きそうです.
2019年はベストアルバムから初のリスアニGP武道館対バンと,なかなか楽しい1年になりそうです.
ツアー開幕戦がhalcaワンマンと被ったんですがどうしたらいいですか


6位(初参戦) ASCA
7ポイント・ライブ7回・指名11ポイント
今年の新人王はASCA.
社会人初イベントだったPLEDGE購入者イベで初参戦.
エモ散らかせる楽曲の強さに魅了され,気づけば3rdシングルリリイベ(3か所しか無かったですが)を全通するなど.新世代の歌姫として確固たる地位を築く道中にいます.
主催イベントでの運営のガバガバさは一時他界とするほどかなりのマイナスポイントでしたが,
ノーマークで臨んだ京都でのまさかのEGOISTカバー返しにはひっくり返りました.
そこには確かに楪いのりがいたんだよ・・・


7位(前年1位) ANIME GIRL
7ポイント・ライブ7回・指名9ポイント
2017年1位のANIME GIRL,2018年は前半の貯金を大いに生かし7位に落ち着きました.
インディーズ界では唯一のランクイン.下半期に入ってからは参戦ゼロ.
関西オタクは見に行ってやってくれ・・・


8位(初参戦) ReoNa
5ポイント・ライブ5回・指名4ポイント
今年デビュー,初参戦のReoNaが対バン3回を生かし8位に入りました.
10/19のワンマンでは客層が客層過ぎて会場が『マウント取れないホール』の名を広めることとなりましたが,その後の対バン攻勢ではしっかりと自らの姿勢を見せてくれたのは評価すべきでしょう.
彼女もしっかりと目を見て訴えかけてくる歌い方,そして独特の世界観は確かな支持を得ています.


9位タイ(前年28位) EGOIST
3ポイント・ライブ3回・指名6ポイント
9位で並んだ一組目はEGOIST.活動7年目にしてついに新譜が出ない1年でしたがなぜかアジアツアーを決行.
各地に散らばってるいつもの沸き面子が社会人になって月曜日の名古屋で集結するとかいうカオスがあったりw
前々から知り合いのフォロワーさんに仙台に招集を受けて飛んで行ったり,
ツアーファイナルはいつものライブヲタクと沸き散らかしたり.
ライブ活動は5年目に突入,その最初期から追ってますが,なんだかんだ,ゆるい感じで推し続けているのが良いとようやく気付いた今回のツアーでしたw
しかしまさか名古屋でASCAをカバーしてくるとは思わんかったぞw


9位タイ(2年ぶり復活) 藍井エイル
3ポイント・ライブ3回・指名6ポイント
9位でもう一組は2年ぶりに大復活を遂げた藍井エイル.参戦率では4回中3回(75%)でトップになりますw
復活ライブは考え得る限り最強の布陣として連番メンバーを組んで無事優勝.代償はタブレットでしたが・・・
FCツアーは名阪に参加.超至近距離で仲間と沸きまくった大阪,ついに初めて行くことができた名古屋.
どちらも思い出深いものになりました.


11位(初参戦) 駒形友梨
3ポイント・ライブ3回・指名2ポイント
声優勢唯一のランクイン.halca推しとして行った京都プレミアで心地いい歌声でちょっと気になった方.
12月に入ってhalcaリリイベのついでではあれど2度もリリイベに参加できたのは良かったです.

12位(初参戦) スピラ・スピカ
3ポイント・ライブ2回・指名2ポイント
続いてこちらも初参戦組.知り合いの勧めで聴いてリリイベ行けたり.
楽しさ全振りのバンドの鳴らす音楽は気持ちいい!!

以下2ポイント6組
13位 MICHI
14位 ナナヲアカリ
14位 亜咲花
16位 鈴木このみ
17位 暁月凛
17位 東城陽奏
MICHIは11/18のイベントが延期でなければ9位でした(延期分は1/14月曜のため参戦放棄,これに伴いシーズン打ち切り)・・・名古屋でイベント無いならと翌日halca対バンと当日あるふぁきゅんのついでではあれど川崎でイベントを行けたのは幸いか.1年半ぶりの接近でしたがEGOISTのオタクでの認知は強かったです()
ナナヲアカリはフォロワーの推しでミナホ前夜祭含む2daysしっかり見れたのは良かった.てかハチパレ公録で見たけどなんやあのヲタク()
亜咲花は数年前から気になってはいましたが京都プレミアと愛知の奥地でようやく参戦できました.年末の新宿は・・・すまん聴くテンションになくて・・・
鈴木このみは2015年以来3年ぶりの複数参戦.
暁月凛は2ndシングルから接近こそあれどライブが無く・・・今年ようやくライブを見れたのは嬉しかったです.
東城陽奏もデビューから2年でライブ案件がほとんど無く年末にようやく見れたと思ったら,Twitter昔からフォローしてたのを知ってたようで((((;゚Д゚))))



2018年度年間表彰

最多参戦
halca(初) 26ポイント

最多ライブ参戦
halca(初) 23回

インディーズ最多参戦
ANIME GIRL(2年連続) 7ポイント

歌い手部門最多参戦
+α/あるふぁきゅん.(2年連続) 11ポイント

声優部門最多参戦
駒形友梨(初) 3ポイント

新人王
ASCA



2018演者別ライブ参戦数 最終確定
23 halca
11 綾野ましろ
11 +α/あるふぁきゅん。
8 HoneyWorks
7 ASCA
7 ANIME GIRL
5 やなぎなぎ
5 ReoNa
3 EGOIST
3 藍井エイル
3 駒形友梨
2 MICHI
2 ナナヲアカリ
2 亜咲花
2 スピラ・スピカ
2 鈴木このみ


2018 演者別参戦数リーダーボード(2pt以上)
01位 26pt/L23/D40 **◇◇◆◆★★★★★★★★★★★★★★★★★▲▲▲ halca シーズン最多参戦記録更新 最終審議DP-2
→02位 12pt/L11/D19 ☆☆☆◇◇★★★★★★▲ 綾野ましろ ※※
→03位 11pt/L11/D16 ☆◇◇★★★★★★★★ +α/あるふぁきゅん。 最終審議DP-4
→04位 09pt/L08/D09 ☆☆☆★★★◇◇▲ HoneyWorks (うちCHiCOボーカル8)
→05位 09pt/L05/D09 ☆☆☆☆◇▲▲▲▲ やなぎなぎ
→06位 07pt/L07/D11 ◇◇◇★★★★ ASCA ※※
→07位 07pt/L07/D09 ☆★◇◇◇◇◇ ANIME GIRL
→08位 05pt/L05/D04 ☆◇◇◆★ ReoNa
↑09位 03pt/L03/D06 ☆☆☆ EGOIST
☆09位 03pt/L03/D06 ☆☆☆ 藍井エイル
☆11位 03pt/L03/D02 ◇★★ 駒形友梨 最終審議DP-2
↓12位 03pt/L02/D02 ◆★▲ スピラ・スピカ
↓13位 02pt/L02/D03 ★◆ MICHI
↓14位 02pt/L02/D02 ◇★ ナナヲアカリ
☆14位 02pt/L02/D02 ◇★ 亜咲花
↓16位 02pt/L02/D00 ◇◇ 鈴木このみ
↓17位 02pt/L01/D00 ◇▲ 暁月凛
☆17位 02pt/L01/D00 ◇▲ 東城陽奏

同ポイントの場合は以下で決定
(1) ライブ案件数
(2) ライブ案件指名ポイント(単独は2倍)
(3) 無銭以外ライブ案件数
(4) オリジナル曲の有無
(5) 以上で決まらない場合はすべて同順位。

※ 6/10 綾野ましろ,ASCAのツーマン昼夜2現場はアニメイベ扱いのため無効
* 7/28,9/9 チコハニはhalca指名+2pとしてカウント

審議終了
CHiCO with HoneyWorksの直近の活動形態について審議がありました.
審議の結果『CHiCOはHoneyWorksのゲストボーカル』と扱うのが妥当であるとの判断に至りました.
よって演者別参戦数はバンドユニット『HoneyWorks』に統一し,CHiCOとしての今シーズンの参戦数は全て無効(ボーカル違いの参考記録扱い)とします.

審議終了
+α/あるふぁきゅん。のリリイベのイベント時間に対する曲数定足不足について審議がありました.
対象:7/7池袋2部,7/14梅田,8/4名古屋両部の計4イベ
最終的な結論はイベント時間にかかわらず2曲以下だった場合はそのイベントの指名点1ポイント剥奪.ただし40分以上の場合は定足数3曲以下とするとのルールを設定することで対応します.
この結果,+α/あるふぁきゅん。の上記審議対象イベにおける指名ポイント(DP),ならびに以下の演者についても一部DP剥奪を行います.
・halca;6/1南大高,6/2阿倍野 2イベ2DP剥奪
・駒形友梨;12/8秋葉原,12/22横浜 2イベ2DP剥奪

審議終了
ミナホ2018,12/29新宿での音漏れ参加について審議がありました.
審議の結果,音漏れの参加はイベント参加と認めないという結論になりました.
よって,ミナホでのスピラ・スピカ,12/29新宿での亜咲花は参戦カウントを無効とします.





ところで・・・
2019シーズンは『ライブ』に行った数をより重視するように変えようと思ってます.
というか,特典会の扱いがインディーズは同一カウントなのにメジャーだと別カウントになるとかあまりにも雑なので()

tag : 2018総括 halca 綾野ましろ +α/あるふぁきゅん。 やなぎなぎ

コメント(承認後、公開されます)

非公開コメント

Page Navigation

[LATER ENTRY/この記事の次に更新した記事]
神イベオブザイヤー2018 BEST12
[OLDER ENTRY/この記事の前に更新した記事]
新年のご挨拶2019

ホーム
プロフィール

Lunar∞Meteor☆Flugel

Author:Lunar∞Meteor☆Flugel
アニソン、アニメ、音楽、その他他愛もない日常の呟き。
文章力強化のためのブログ。
雑多サイト『∞Sky†eaR∞』、オリジナルアニソンチャートFRONTIER COUNTDOWNを作る『Anison Frontier』の管理人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
タグ一覧
タグ対応記事は2017年以降。よく忘れます(何

ライブレポート (50) halca (30) 月間報告 (26) 綾野ましろ (22) やなぎなぎ (19) CHiCO (14) ASCA (12) +α/あるふぁきゅん。 (11) GARNiDELiA (7) 藍井エイル (6) EGOIST (6) 2017総括 (5) 2018総括 (5) Aimer (4) 三月のパンタシア (4) 勝手に実力主義アニソンフェス2019夏 (4) 西沢幸奏 (3) HoneyWorks (3) アニメイベント (2) 暁月凛 (2) Q'ulle (1) 2019総括 (1) SplitBoB (1) MICHI (1) 青春18きっぷ (1) ClariS (1) 乗車記録 (1) fhána (1) Kalafina (1)