2018-04-21(Sat) Live & Music 2018

>>> 聴講報告 3/4 信じ続ければ奇跡は起きる やなぎなぎ ライブツアー2018『ナッテ』仙台公演

やなぎなぎ仙台

セトリネタバレ防止の観点から,3月前半に書いて4月21日まで封印していました.
すべての記述内容は3月17日時点でのものです.


~序章・藍き歌姫に捧ぐ~
現状トップ推しである,やなぎなぎの2年ぶりのワンマンツアーがついに始まる―――
思えば2年前は,当時トップ推しの藍井エイルもほぼ同時にツアーをやっていて,時期の被った5月だけでライブ2桁とかいう事態になってましたが・・・
実は2年前ツアーを回っていた時は,色々あってなぎさんへのモチベはほとんど消えかけていました.
それが一気に復活したのが5月29日のファイナル前,大阪公演.
知り合いと大連番組んで大いに盛り上がって,終演後の接近で笑顔でこう言ってくれた・・・
「前の方で盛り上がってくれてましたよね!」
彼女のあの笑顔を見て,今後もマイペースに追っていこうと決めた瞬間でした.

あれから2年.
同じ時期に追っていた推しは無期限活動休止となった(一応復活表明はしているものの傀儡的復活ではさすがに復活とは言えない),また別サイドの推しは解散してしまった(ソロ活動はしているもののホームに来るかというと・・・).
そんな中,昨年2月の5周年記念ライブで,力強く活動継続を宣言した彼女の姿に,思わず涙した.
今やアニソンのトップ推しは,やなぎなぎただ一人.

今回のツアーはホームである大阪が2公演目だが・・・過去の傾向からセトリがあまり変わらないので,どうせなら開幕戦行ってセトリを把握するべきであろう.
要するにセトリネタバレ踏みたくなければ自分から開幕戦に行けということですよ,ええw
というわけで,東北踏破も兼ねて仙台まで来たわけです.


前置きが長くなりましたが,やなぎなぎ2年ぶりのツアー開幕戦,仙台公演に行ってきました.
通算302現場目(今シーズン9現場目),東北地方は302現場目で初参戦.
やなぎなぎは1月の大阪リリイベ以来1か月半ぶり,メジャー単独トップの今シーズン2現場目.
通算25現場目は再び歴代単独2位に浮上.



3月1日朝に夜行バスで仙台に到着.丸4日かけて東北を一周.
当日は6時過ぎに新潟を出発してから数回の乗り換えを経て14時過ぎに仙台到着.

ゲーセン行脚を済ませ,一路会場へ.
物販はスルーして・・・用意していたスタンプシートにスタンプを押す.駅スタンプでもういっぱいだw
仙台スタンプシート

いつものようにレッドブルとか入れてるとなんだかんだでいい時間に.
と・・・階段で並ばされるんだけど,スタッフが上にしかいないのでクソ番待機のほうはわりとグダグダな感(^^;)
「NBCフェスで見て『これは行かねば!』と思ってチケ取った」という方もいらっしゃったようで.嬉しい限り.俺は行ってないけど・・・
色々「整理番号順で並んで入るんですよ,AがFCで云々」「君スタッフになれば?」「いや私はただライブにめっちゃ行ってるだけの人間で・・・(^^;;;)」とか適当に世間話してたら入場.

さて,今回の仙台Rensaは前方椅子席,後方スタンディングというフロアスタイル.
まあ,最初から椅子に座る気など無かったが・・・入ってみて思ったのが
スタンディングエリア,狭っ!!!www
フロアの9割ほどに椅子が並んでて,バーを境に申し訳程度のスタンディングエリアという.
まあ云うてもB100で入ったところでほとんどスタンディングエリアにいなかったので,遠慮なくスタンディング最前で待機w

17:01スタート.バンドメンバーが登場し,程なくなぎさんが登場.
アルバムツアーということなので・・・アルバムと同じ始まりの2曲『snowglobe』→『時間は窓の向こう側』静かな曲調のようで意外と上がる曲だったりする.いや立ち見最高w

―――今回のアルバム『ナッテ』は「大事にしているもの,こと,宝物を詰め込んだアルバム」「皆さんの中でも宝物になればいいなあ」w
―――ライブでバンドの演奏で聴いて,音源で聴いていた時と印象が変わる曲もあるかもしれないw
―――そんな「宝探しのような気持ちで聴いていただければ」と.w


あなたはサキュレント』→『スーパーヒーロー』の2曲では振りを入れるなぎさん・・・可愛い/////
立ち見最前なので全身がバッチリ見える.やっぱ最前なんですよ(?)

続けてシングルカットされた今回のアルバムほぼ唯一の跳び曲『over and over』を投入し一気にフロアはヒートアップ.あーーーそれ!!!!柵ライドで思いっきりヘドバン&ツーステオタクと化しました()
here and there』は昨秋の横浜アリーナがフラッシュバックしたな・・・あのアリーナフロアの景色とはまた違うライブハウスフロアの景色.

さて,今回のアルバムには1曲コラボ曲がある.
DJみそしるとMCごはんとのコラボによる『relaxin' soup』を次に歌うが・・・
「おみそはん(という愛称らしい)呼んで来たいと思いまーす」wと舞台袖に・・・まさかご本人登場??は・・・・
出ませんでしたー(CV.バード羽鳥)
これこの人たちファイナルに出そうだな・・・
その代わりパペットと歌う(パペットの帽子に魂が宿っているらしいw)

で,歌が終わると思いきや・・・
仙台っ子ラーメン,650円・・・
(゚Д゚)ファッ????
といきなりの食レポタイムwwwww

海を込めて』を挟み,「ここからはアルバムにない曲を」ということで最新シングルの『間遠い未来
そういや実質このシングルののレコ発でもありましたな.シングルレコ発兼ねてる時ってアンコール回しにしてた気がするけど,本編で持ってきたあたり推せる.実際フルで聴くのは実はこの日が初めてでしたが一言で表すならば『尊い』これです.1200km巡ってきて聴く間遠い未来は尊い.

続いて・・・「『Just Because!』というアニメの音楽プロデュースをやらせてもらって」
「ん???」
「リリースイベントでよく『カバーされないんですか』という話を聞いてて,音源にするにはちょっと早いかな,と思うんですが,ライブでなら・・・」
沸くフロア,俺は・・・アニメ見てねえから分かんねえ,というかコレ声優歌唱だからノータッチなんだわ()
というわけで,そのアニメ出演声優3人が歌唱する同作エンディングテーマ『behind』のセルフカバー!

続いて『時間は窓の向こう側』のカップリング『ironi
そうそう!これを聴きたかった・・・!!時折カップリングでも顔を出す熱めのなぎさん.
さらにここでまさかの南條愛乃とのコラボ曲『一切は物語』のソロバージョン!!!!
直立しているだけの俺のHPをえぐり取っていくなぎさんの歌声.
ところで南條さん+なぎさん+完全版の3バージョンコンプした人はいるのだろうか?
そこからの『瞑目の彼方』というベルセルクコンボでナッテの世界へ華麗に舞い戻る.

ここで少し長めのMCタイム・・・バンドメンバー紹介.
「いつもは曲中でやってたから,ちゃんと紹介したことってなかったよね」そういえば確かに.
ギターのBr'zさん,この日が誕生日だったようで,会場からお祝い.
ちなみにケーキはリハーサルで出てきたとかw
この日の会場スタンプがギター柄だったのは誕生日だったからということらしい.
で,先の食レポにちなんで『好きなラーメン』を聞くというwww
Gt.Br'z:味噌(暫定1位=味噌革命が起きた)
Key.Synthke Hirano:醤油豚骨
Bs.石岡塁:(3月6日が誕生日「(お祝いは)いいからね!場が伸びる!」)塩豚骨
Dr.MITSU:(毎回最後俺?落とさなきゃいけない?)『家系』
ちなみに次回からは「ババ抜きの負けた順」で紹介順を決めるとかwwww

―――今回のアルバムは自分の好きなものを詰め込んだ.
―――決して派手だったり,1曲が突き抜けてるわけではなく,1曲1曲がキラキラしてるようなアルバム


電撃ライブでは披露していた『砂糖玉の月』から続けて『目覚めの岸辺
そして今回のアルバムのリード曲でもある『夜明けの光をあつめながら

―――みなさんの宝物になる1曲は,見つかりましたか?
「アルバムの思いをすべて込めた」タイトルにもなっている『natte』で締め.



で,アンコール.
春擬き』からスタートで再びヘドバンオタクに.だってもうすぐ春だもんな!
「今回のアルバムこういう(盛り上がる系の)曲はそんなにないんで」言っちゃったよwwwまあそうやけどさw
「・・・それなのにペンライト再販って・・・ここで!」

「次の曲は一緒に盛り上がる曲で」
お,いつもの定番来ましたYou can count on meか?
「how's it goingって言ったら」そっちかー!!!!ということで『rooter's song』登板!
歌の途中でキーボードが出てきて,なぎさん,それをおもむろに肩にかけて演奏し始めたではないか.
・・・ん?この姿・・・ヒスロリのLayra(注;推しだったバンドのキーボード)に似てる・・・そういや彼女は元気してるのかな・・・そんなことを一人思い出し,推しと推しの幻影が不意に重なりふと意識を持っていかれそうになった.
「今年はみんなと一緒に演奏したいな,ということで自分に一番馴染みのある鍵盤を」とのことで.

「次の曲なんですが・・・私にとって特別な曲を歌いたいと思います」
と前置きして「では聴いてください」
おいおいこの始め方INCStoenterのなんとかISTで見た感じのアレだぞ・・・
特別な曲って何だ・・・まだやってない曲で.・・・ビードロ模様?ああきっとそうだ,それでソロデビューだもんな?・・・昨年末のメルト?まさかメルトなんてあるまい?・・・スパセル曲を頑なに歌ってこなかったんだぞ・・・アニマですらClariSが君知ら歌った時出てこなかったではないか・・・

彼女はとんでもない歌を紡ぎ始めた.

―――メルト 溶けてしまいそう・・・

「え?」「は?」「嘘やろ??」あちこちでどよめきが起こる.
そりゃそうだ・・・supercell楽曲は直近5年で1回も歌ったことがない.
自分はというと・・・あまりの予想外の出来事に力が抜けた.呼吸が荒くなった.膝から崩れ落ちた.
まさか・・・彼女の歌声でこの曲が聴けるなんて.
あまりの衝撃でほとんど覚えていない.
昨夏のEGOIST『MEMORIA』以来の高まりの過呼吸.それぐらい高まった.

信じ続けていれば,奇跡は起こるんだ,目撃できるんだ.

歌い終わって一言「まあ・・・盛り上がりますわな!」泣きながら叫んだ「ありがとう」.
「10年前でもヒーヒー言ってたのに・・・アラサーでこの曲を」いやマジで・・・嬉しいです

そして最後は定番の『ビードロ模様』,オリジナルバージョンで締め!
ビードロへの繋ぎはポリオミノファイナルでのpoint at infinityからの夏待ちコンボでの繋ぎが至高だったけど.この繋ぎはありえんエモみが深い!!!


声を枯らして叫んだ「ありがとう」.
終演後,しばらく座り込んでしまって動けなかった.
結局フロア鍵閉め(?)になったw誰もいないフロアに叫んだ「ありがとう」.



夜の仙台を歩きながら,仙台から関西へと向かう帰りのバスに乗り込みながら.
色々な思い出がよみがえってきた.

4年半前の2013年秋.サークルの同期が当時大学1年だった自分をライブ(エウアルツアー)に誘ってくれた.
あの時彼女の生歌に衝撃を受けたんだけど,あの時は,ここまで追い続けるとは思ってなかった.
一目でハマって,色々イベントに行って話したり,ライブで全国各地巡ったりして,たくさんの高まりと最高の景色に出会えて.
振り返れば,この歌姫に大学時代のほとんどを捧げてきた.

このツアーが学生から社会人へちょうど移り変わる間のツアー.
学生最後の春の始めに出会ったのは,想像を遥かに超える高まり,そして歌姫がくれた『奇跡』だった.
このツアーは,本当に忘れられないツアーになる.そう確信した夜だった.

この先も,歌姫を信じ続けて追い続けていきたいです.
仙台夜景



大阪公演に続く・・・


2018/03/04 やなぎなぎ ライブツアー2018『ナッテ』仙台公演@仙台Rensa
SET LIST
01. snowglobe
02. 時間は窓の向こう側
03. あなたはサキュレント
04. スーパーヒーロー
05. over and over
06. here and there
07. relaxin' soup (solo ver.)
08. 海を込めて
09. 間遠い未来
10. behind (原曲;Just Because!出演声優3人)
11. ironi
12. 一切は物語 (solo ver.)
13. 瞑目の彼方
14. 砂糖玉の月
15. 目覚めの岸辺
16. 夜明けの光をあつめながら
17. natte
ENCORE
18. 春擬き
19. rooter's song
20. メルト (10th ANNIVERSARY MIX)
21. ビードロ模様







tag : ライブレポート やなぎなぎ

コメント(承認後、公開されます)

非公開コメント

プロフィール

Lunar∞Meteor☆Flugel

Author:Lunar∞Meteor☆Flugel
アニソン、アニメ、音楽、その他他愛もない日常の呟き。
文章力強化のためのブログ。
雑多サイト『∞Sky†eaR∞』、オリジナルアニソンチャートFRONTIER COUNTDOWNを作る『Anison Frontier』の管理人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
タグ一覧
タグ対応記事は2017年以降。よく忘れます(何

ライブレポート (36) 綾野ましろ (16) 月間報告 (16) やなぎなぎ (15) halca (11) CHiCO (10) +α/あるふぁきゅん。 (9) ASCA (8) GARNiDELiA (7) EGOIST (5) 2017総括 (5) Aimer (4) 三月のパンタシア (4) 西沢幸奏 (3) アニメイベント (2) 藍井エイル (2) 暁月凛 (2) SplitBoB (1) 青春18きっぷ (1) 2018総括 (1) 乗車記録 (1) Q'ulle (1) MICHI (1) HoneyWorks (1) Kalafina (1) fhána (1)